“魔鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まちょう66.7%
まてう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“魔鳥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——と、昼なおくらい木立のあいだから、いような、魔鳥まちょうばたきがつめたいしずくをゆりおとして聞えた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おお、島からとび立ったあやしい魔鳥まちょう
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
殘月ざんげつしたに、半天はんてんおほうたいまはしき魔鳥まてうつばさ
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)