“阿羅漢”の読み方と例文
読み方割合
あらかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、修學旅行をした奈良尼寺さんに三體けられたとふ。から一體けられた阿羅漢がある。
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そしてには「神通説法第一の阿羅漢」とまでなったのです。ある日のこと、釈尊は大衆を前にして、こういわれたのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
爾の求むるところは、阿羅漢辟支仏もいまだ求むるわず、また求めんともせざるところじゃ。哀れな悟浄よ。いかにして爾の魂はかくもあさましき迷路に入ったぞ。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)