“阿羅岐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あらき50.0%
アラキ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
阿羅岐蘇古珍酒、裸形の妖女に溺れつくして狂乱、泥迷に昼夜をたねば、使ふに由なき黄金は徒らに積り積るのみ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
又青貝の戸棚に並びたるは珍駄婁の媚酒、羅王中の紅艶酒。蘇古珍阿羅岐焼酎。ギヤマン作りの香煙具。銀ビイドロの水瓶。水晶の杯なぞ王侯の品も及ばじな。前の和尚の盗みめにやあるらむ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)