“蒙古王”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もうこおう50.0%
もうこわう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蒙古王”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 音楽 > 音楽史 各国の音楽10.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ハイドンはこれを「蒙古王もうこおう」と言って敬遠し、ゲーテは「手におえない野人」と舌をふるって驚いた。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
なんとか蒙古王もうこわうのために、かねを二萬圓まんゑんばかりりたい。もししてやらないと自分じぶん信用しんようかゝわるつて奔走ほんそうしてゐるんですからね。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
その取始とつぱじめつかまつたのはわたくしだが、いくら蒙古王もうこわうだつて、いくらひろ土地とち抵當ていたうにするつたつて、蒙古もうこ東京とうきやうぢや催促さいそくさへ出來できやしませんもの。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)