“著莪”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
しゃが50.0%
しやが50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“著莪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
そのゴサン竹の傍にしょうぶも咲けば著莪しゃがも咲く、その辺はなんだかしめっぽい処で薄暗いような感じがしている処であったが、そのしめっぽい処に菖や著莪がぐちゃぐちゃと咲いているということが、今に頭の中に深く刻み込まれておるのはどういうわけかわからん。
〔出典〕初夢(新字新仮名)/正岡子規(著)
著莪しやがさきぬ、
〔出典〕春鳥集(旧字旧仮名)/蒲原有明(著)