“花木”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かぼく60.0%
はなき40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一、四季の題目にて花木花草木実草実等はその花実多き時をもつて季と為すべし。藤花、牡丹は春晩夏初を以て開く故に春晩夏初を以て季と為すべし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
蝋梅のようにしくをつける樹木を『花木』とよびますが、早春花木中でも第一として、からせられて、庭木盆栽にもたてられるものです。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
とある年の秋の夕暮、われ独り南蛮寺の境内なる花木の茂みを歩みつつ、同じく切支丹宗門の門徒にして、さるやんごとなきあたりの夫人が、涙ながらの懺悔を思いめぐらし居たる事あり。
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
瑞木花木此頃泣かなくつて。』
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)