“糸錦”の読み方と例文
読み方割合
いとにしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして愈々強直してしまった、めかしい姿の白坊主をヤットコサと抱き上げて、寝棺の中にソッと落し込んで、三枚ねの振袖と裲襠を逆さに着せて、糸錦の帯で巻立ててやりますと
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
さそくのみで前褄を踏みぐくめた雪なす爪先が、死んだ蝶のように落ちかかって、帯の糸錦薬玉ると、れた襦袢緋桜の、のごとく流れるのが、さながら、凄艶白蛇の化身の
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これもすばらしく品の凝った糸錦です。