“相心得”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あひこゝろえ50.0%
あいこころえ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
して傳吉は領主より相當恩賞あるべき別段遠江守へ仰せ付らるゝ間此旨留守居へ相心得よと申渡す
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
種々難題申付朝暮折檻仕つり殺さん覺悟と相見え候間私し共心配仕つり候處彌々藤五郎兄弟をひ候べき内談腰元と申者聞り是を私し共に知らせ候により嘉川家一大事と相心得
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
万石以上の面々ならびに交代寄合、参覲の年割り御猶予成し下され、去々戌年仰せされ候ところ、深きし召しもあらせられ候につき、向後前々お定めの割合に相心得
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)