“水蠆”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やご100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“水蠆”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
中橋氏は実業家(氏は今ではもう政治家の積りかも知れない、ちやう水蠆やご塩辛蜻蛉しほからとんぼになつたやうに)には珍しく書物ほんを読むが、狸にしても文字をよく知つてゐるのがある。