“捨給”の読み方と例文
読み方割合
すてたま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ば見た事もなしと云しが扨々俗家に云猛々しとは汝が事なり今更る惡人にはなけれども釋迦は又三界の森羅捨給はず汝の如き大惡人道にき度思ふがゆゑ及ばずながら出家になる大源が申處を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
捨給はぬ聖代き御代とは申ながら土民の事に付天下の御役人樣へ御苦勞掛奉つる事冥加も恐しく此末の申ず此儘死罪に相成とも少も御とは存奉つらずと申立ければ大岡殿コリヤ九助其方は然樣に申ても一方もなき儀を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)