“小蝋燭”の読み方と例文
読み方割合
ころうそく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本へ帰って二タ月目に、小蝋燭を積み立てたようなそのほの白い花を見つけて、かの女はどんなにんだことであろう。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
ゆさ/\とらかなえそうな若葉をかぶった白樫瑞枝、杉は灰緑海藻めいた新芽簇立て、赤松黒松は白っぽい小蝋燭の様な心芽をつい/\と枝の梢毎に立て
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
ちょうど緑の焔をあげて燃ゆる小蝋燭しつらねたようにも見える。
柿の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)