“小佛”の読み方と例文
新字:小仏
読み方割合
こぼとけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
酒折の宮、山梨の岡、鹽山、裂石、さし手の名も都人の耳に聞きなれぬは、小佛さゝの難處を越して猿橋のながれにめき、鶴瀬駒飼見るほどの里もなきに
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
酒折山梨鹽山裂石、さし都人きなれぬは、小佛さゝ難處して猿橋のながれにめき、鶴瀬駒飼るほどのもなきに
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
小佛もほどなくゆれば、上野原、つる野田尻犬目鳥澤ぐればはしくに宿るべし、巴峽のさけびはえぬまでも、笛吹川きにむすび
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)