“宴席”の読み方と例文
読み方割合
えんせき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
か? いや/\、こりゃではない、ぢゃ、なア、足下。はて、ヂュリエットがるゆゑに、艶麗さで、宴席ともゆるわい。
宴席どなりの空部屋むと、ぐたりとたが、したゝか反吐をついて、お冷水五杯んだとやらで、ウイーと受持の、一番さんへりにて、おや、旦那つてげてるね
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そのまますぐにご宴席から追い出しておしまいになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)