“宴樂”の読み方と例文
新字:宴楽
読み方割合
うたげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人筋も奉公人のてもなく、中天に昇つた良い月を眺めながら、盡きぬ宴樂の杯をしやぶつてゐると
見えざる車響けば、宴樂にほひ
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
こは昔、宴樂のゆふべ
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)