“大和錦”の読み方と例文
読み方割合
やまとにしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
広津と知つたのは、廿一年の春であつたか、少年園宴会不忍池長酡亭つて、席上相識つたのでした、其頃博文館大和錦ふ小説雑誌を出して
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
すると三尺の開口がギイーとき、内から出て来ました女はお小姓姿、文金高髷、模様はと分りませんが、華美な振袖で、大和錦の帯を締め、はこせこと云うものを帯へ挟んで居ります。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ただ、眼もきらびやかな大和錦、それから紅白の緞子
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)