“地元”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じもと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“地元”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし個人の鬱憤うっぷんのため、一時にもせよ、原稿のネタを仕入れるべき地元じもと英国を去ったことは、はなはだよくなかったと気がついたので、ついに再び英国入りを決し
沈没男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
地元じもとさとはいうまでもなく、三近郷近在きんごうきんざいからもたいへんな人出ひとでで、あのせま海岸かいがん身動みうごきのできぬ有様ありさまじゃ。