“厄種”の読み方と例文
読み方割合
やくざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
數の中には眞にうけて此樣な厄種を女房にと言ふて下さる方もある、持たれたら嬉しいか、添うたら本望か、夫れが私は分りませぬ、そも/\の最初から私は貴君が好きで好きで
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
数の中にはにうけてこんな厄種女房にと言ふて下さる方もある、持たれたら嬉しいか、添うたら本望か、それが私は分りませぬ、そもそもの最初から私は貴君が好きで好きで
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
にはにうけて此樣厄種女房にとふてさるもある、たれたらしいか、うたら本望か、れがりませぬ、そも/\の最初から貴君きできで
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)