“印行”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いんかう50.0%
いんこう33.3%
いんぎやう16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
君が「火の柱」の主公篠田長二へて獄裡に投じたるものに君の為めにをなせるに非ずや、君何ぞ此時を以て断然之を印行に付せざるやと、余の意に動きて之を諾して曰く
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
しかし可笑しい事には、外題に慶安としてあるものは、後に寛文中に作ったもので、真に慶安中に作ったものは、内容を改めずに、後の年号を附して印行したものである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
それが出來たら、して御覽なさい。面白印行出來ますよ。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)