“出征兵士”の読み方と例文
読み方割合
しゅっせいへいし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事変がはじまってから、毎日のように、このから出征兵士ったので、には、へ、「壮途」と、きないたがかかっていました。
昼のお月さま (新字新仮名) / 小川未明(著)
街の遠くから、出征兵士を送る「天にりて」の合唱近づき来る。
新学期行進曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
げて、あちらのると、て、へいく、出征兵士見送人々れでした。
夜の進軍らっぱ (新字新仮名) / 小川未明(著)