“しゅっせいへいし”の漢字の書き方と例文
語句割合
出征兵士100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
街の遠くから、出征兵士しゅっせいへいしを送る「天にかわりて」の合唱近づき来る。
新学期行進曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
かおげて、あちらのみちると、はたて、まちほうへいく、出征兵士しゅっせいへいし見送みおく人々ひとびとれでした。
夜の進軍らっぱ (新字新仮名) / 小川未明(著)