“冠岳”の読み方と例文
読み方割合
かんむりだけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陸中石巻の白山神社、磐城倉石山の水分神社、九州では薩摩串木野の冠岳(西)神社など、何れも旧来卯月八日を以て祭日としているのである。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
箱根山からいへば複式火山經歴からいへば死火山外輪山金時明神明星鞍掛三國諸山中央火口丘冠岳駒ヶ岳二子山神山、さうして最後活動場所大涌谷であつて
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
能登の長尾村には、昔弘法大師から授かったという煙草の種があって名産になっていた。薩摩冠岳には蘇我煙草と称して、蘇我馬子と関係づけられていた天然の煙草というものもあった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)