“冠木”の読み方と例文
読み方割合
かぶき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その門から一二間の広さでゆるやかに曲りながら十四五間ほど小砂利が敷かれて、其処にまたのからんだ古びた冠木門がある。
村住居の秋 (新字旧仮名) / 若山牧水(著)
ある暖かい日曜に、関さんとつれだって、羽生の原という医師のもとにてもらいに出かけた。町の横町に、黒い冠木の門があって、庭の松がこい緑を見せた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
そのは霜のいと夜深きに、空谷を鳴らして遠く跫音を送りつつ、行く行く一番町の曲がり角のややこなたまで進みけるとき、右側のとある冠木門の下にまれる物体ありて、わが跫音けるを
夜行巡査 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)