“冠山”の読み方と例文
読み方割合
かむりやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、そこより少し東に、冠山の城があり、これには林重真が守備をなし、兵数は三百五、六十と見れば間違いのないところでしょう
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
備中高松の城主、宮路山の城主、冠山の城主——加茂日幡、松島、庭瀬などの主要な七ヵ城の守将は、前後して三原に集まった。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
冠山は、日幡よりも宮路山より要害な城と聞く。杉原どのの手勢すら難攻にあぐねているのだ。奇襲するにせよ、よほどな決意でかからぬと不覚をとるぞ」
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)