“人選”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にんせん80.0%
じんせん20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「彼是人選の結果が、とうと御老人が指名せられる事になりました。何しろ一代のといふものです。一つ奮つて御揮毫が願ひたい。」
現に一度はある方面から人選依託を受けた某教授に呼ばれて意向を聞かれた記憶さえっている。それだのに僕は動かなかった。より自慢でこう云う話をするのではない。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
なぜかといえば、その人選はとにかく、うべき焦点にはこちらになんの相談もなく、こういう無類部門分けをして、勝手註文をつけてきたのである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
イヤ、お使者の口上あいわかった。いずれ当日までにだれか人選して武州へつかわすであろう。家康どのによろしくご返事を。どれ、一ツ外濠作事を見まわろうか
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)