“予覚”の読み方と例文
旧字:豫覺
読み方割合
よかく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんなことを予覚しているようなは、小鳥自分姿いだされないように、なるたけや、れるようにしていました。
明るき世界へ (新字新仮名) / 小川未明(著)
そうしてまたとしたのです。私もKの歩いたを、Kと同じように辿っているのだという予覚が、折々風のように私の胸を横過り始めたからです。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この二人の運命が刹那に、火! という不安な旋風に結びついて万吉のな神経へ、不吉な予覚を与えた。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)