“不辜”の読み方と例文
読み方割合
ふこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また曰く、「およそ不辜を殺す者は、その不祥を得、鬼神のせんこと、かくのごとく憯遬なり、と。この書の説をもってこれをみれば、すなわち鬼神のあること、あに疑うべけんや」
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
の・善人報施する、如何(四九)盜跖(五〇)不辜し、(五一)にし、(五二)暴戻恣睢むること天下横行せしが、れり。
シナの聖人は一の不辜を殺して天下を得るもなせずと訓戒を垂れたりしも、実に欧州の帝王宰相らはその児戯にひとしき名誉心を飽かしめんがため、僅々五十年間にかくのごとき莫大なる無病息災
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)