“不縁”の読み方と例文
読み方割合
ふえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此間も云う通り、釣合わぬは不縁零落果てた此の重二郎、が貴方と釣合うような身代になるのはいつの事だか知れません、あなたがそれまで亭主を持たずにはられますめえし
賣てなりとも持參金不縁すべしとりけるを長兵衞種々めれども一承知せず疊を蹴立此樣なは聞ずと直樣御歸りあれと三郎を引立てぞ歸りける夫よりおは庄三郎にしの
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「こればかりは妙なものでね。全く見ず知らずのものが、いっしょになったところで、きっと不縁になるとも限らないしね、またいくらこの人ならばと思い込んでできた夫婦でも、末始終和合するとは限らないんだから」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)