“上皇”の読み方と例文
読み方割合
じょうこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜討ちなどということは、おなどの仲間の二十か三十でやるけんか同様ぜりあいならばらぬこと、くも天皇上皇のおいから
鎮西八郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
また、蒙古の侵略を打ちくだき、人心を一家におさめていた。北条氏は、自家の権力にたいする反逆人として、三人の上皇を流刑に処した。人民は北条氏に服した。
あの戦火の中、主上上皇の車駕が共にこの六波羅へご避難あった事なども、いやが上に
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)