“じょうこう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
上皇25.0%
城隍25.0%
襄江16.7%
定考8.3%
承香8.3%
条項8.3%
襄公8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、蒙古の侵略を打ちくだき、人心を一家におさめていた。北条氏は、自家の権力にたいする反逆人として、三人の上皇を流刑に処した。人民は北条氏に服した。
今更云うまでもない事だが、鬼狐の談に富んだ支那の小説では、城隍を始め下廻りの判官や鬼隷も暇じゃない。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「夜、襄江で網をかけておりましたところ、一道の光とともに、河底からこんなものが揚がりましたので」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
冷泉をレンゼイ(後にはさらにレイゼイと訛る)、定考をコウジョウ、称唯をイショウ、たしいをアタラシイ、身体をカダラ、茶釜をチャマガ、寝転ぶをネロコブという類みなこれである。
それでも「仁寿」「承香」「常寧」「校書」「清涼」「弘徽」「麗景」「登花」の八殿せられている大屋根と大屋根との谷はずいぶん長い
さらにの直義は、今後、政治の面からは一切身を退く。そして鎌倉から尊氏の嫡男義詮(幼名、千寿王)を呼んで直義の後任にすえる、という条項だった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
魯の襄公が死んで若い昭公の代となる頃から、叔孫の健康が衰え始めた。丘蕕という所へ狩りに行った帰りに悪寒を覚えて寝付いてからは、ようやく足腰が立たなくなって来る。
牛人 (新字新仮名) / 中島敦(著)