“一袋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとふくろ66.7%
いったい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一袋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「でも、まん一ということがあります。どうか一袋ひとふくろかしていただきます。」と、少年しょうねんはもう一あたまげました。
薬売りの少年 (新字新仮名) / 小川未明(著)
くすりをやるから、自分じぶんつたはうがえゝ、れでなほるから」と醫者いしや一袋ひとふくろくすりあたへた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「藍子の身が、いとおしかったら、二日のうちに、砂金一袋いったいを持って、うけとりに来い。その日が過ぎたら、女の体は、おれが自由にしていると思え。飽いたら、浪花江なにわえの遊女に売りとばすから、探して、買いもどしたらよかろう。……と、かようにいい放って逃げ失せました」
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)