“一殺多生”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いっさつたしょう66.7%
いっせつたしょう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一殺多生というのはそれだ、その女一人を斬ってしまえば、駒井もひっかかりがなくなる、君も解脱ができる、その女も君に斬られたら往生ができることだろう。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
然らずは一殺多生の理に任せ、御身を斬つて両段となし、唐津藩当面の不祥を除かむ。されば今こそは生死断末魔の境ぞ。地獄天上の分るゝ刹那ぞ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)