“一蓮托生”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちれんたくしょう85.7%
いちれんたくしやう14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まあいいや。この頃は暑くなし、寒くなし、月はよし、まだ藪ッ蚊も出ず、張り番も大して苦にゃならねえ。おめえと一蓮托生だ」
半七捕物帳:65 夜叉神堂 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
かつまた、今日は二人の間に、一蓮托生の約がむすばれためでたい日だ。酒の美味からぬわけはない。が道誉、貴公はまずいのか
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かうなりやあお互えに一蓮托生ぢやあねえか。なにしろ何うも弱つたな。
権三と助十 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)