“一蓮”の読み方と例文
読み方割合
いちれん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
会下山、さいごの死所は、そこを一蓮にして——と、暗黙のうちに、一同これへ目ざして来たらしい。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「きょうは呉越同舟の船かね、それとも一蓮の船かね」
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)