“よくじつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
翌日100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生ふた、翌日でした、使者手紙から生徒數名れて遠足にゆくが仲間はらんかといふ誘引です。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
じけるに名主も駈來四邊近所の者も追々り改め見れば何樣酒に醉倒轉込死したるに相違なきなりと評議一決し翌日此趣きを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
けれどその翌日も、巡査はまたやって来た。そうしてわたしたちの芝居小屋いのなわをとびこえて、興行なかばにかけこんで来た。