“めげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
33.3%
滅気33.3%
衰弱33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、移居を始めてこれに一朝全潰れ。傷もだが、何のそれしきの事にるものか。もう健康な時の心持はたようで、全く憶出せず、何となくんだ形だ。
って行く。が地にんで、するに痛さはきれないほど。うんうんという唸声、それがて泣声になるけれど、それにもずにって行く。やッと這付く。
それにも滅気ね起きてまたもや彼女は走り出したが、道は辷って歩きく、雨に濡れた体は悪寒に顫え、歩く足も次第によろめき出した。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「ヨウヨウ。久し振りのお作どんじゃい。若い亭主持ってもなかなか衰弱んなあ」
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)