“ほけん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
保健33.3%
保券33.3%
保險33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これがために運動や、競技や、登山など生活することがはやり、ひいては森林世人休養保健のため利用すること、つまり森林公園として利用することがんになつたわけです。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
また自分が、保券の証人となって、南陽の富豪大姓黽氏から、千万貫を借りうけ、これをひそかに劉備の軍資金にまわして、その内容を強化した。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小六名義保管されべき財産は、不幸にして、叔父手腕で、すぐ神田やかな表通りの家屋變形した。さうして、まだ保險けないうちに、火事けて仕舞つた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)