“とりつく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トリツク
語句割合
取附50.0%
勦滅25.0%
取付25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わざと打解けて、底気味の悪い紳士の胸中を試みようとしたお雪は、取附とりつく島もなくしおれて黙った。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
というッきりで、取附とりつく島も何にもないと。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
スリーマン大佐の経験譚によればその辺で年々小児が狼に食わるる数多きは狼窟の辺で啖われた小児の体に親が付け置いた黄金きんの飾具をあつめて渡世とする人があるので知れる、その人々は生計上から狼を勦滅とりつくすを好まぬという。
天井に取付とりつく蠅や冬籠 紫道
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)