“じふり”の漢字の書き方と例文
語句割合
十里100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、親切車夫は、そのずるものにつて、まれたすまでは、建場々々を、幾度物色するのが好意であつた。で、十里十五里大抵く。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
前面大手彼方に、城址天守が、れた蒼空群山いて、すつくとつ……飛騨山つた絶頂と、十里遠近相対して
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)