“しよぐわん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
所願50.0%
諸願50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若童れさせ給由承候。目出たく覺へに今日は八日にても、所願しほ(潮)の指す如く、春の野に華の開けるが如し。然れば、いそぎいそぎをつける。
むは人情なるかも、ればをとにいたればをと諸願なければからず、つら/\へば無一物ほど氣樂なるはあらざるべし
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)