“しひつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
帋筆33.3%
強附33.3%
紙筆33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幼君えうくんいたきようたまひ、「なんなりともかなひたるを、あくまでしよくすべし」と強附しひつけ/\
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
紙筆しひつ硯机けんき煙管キセル巾櫛きんしつの類より、炉中の火、硯池けんちの水に至るまで
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)