“御菓子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おかし50.0%
おんくわし50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御菓子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鄭寧ていねいに礼を述べた奥さんは、次のへ立つ時、その折を持って見て、軽いのに驚かされたのか、「こりゃ何の御菓子おかし」と聞いた。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
御菓子おんくわし濃茶こいちや薄茶うすちや
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)