“御菓子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おくわし33.3%
おかし33.3%
おんくわし33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ぢや御菓子しにしませう。それよりか、今日さんはうしました」といた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
椎茸は新しい菓子折に入れてあった。鄭寧に礼を述べた奥さんは、次のへ立つ時、その折を持って見て、軽いのに驚かされたのか、「こりゃ何の御菓子」と聞いた。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
なりともひたるを、まですべし」と強附け/\、御菓子濃茶薄茶、などを籠中きまではりつ。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)