“さっそく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
早速99.4%
咄嗟0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時には箕作麟祥のお祖父さんの箕作阮甫と云う人が調所の頭取で、早速入門を許してれて、入門すれば字書をることが出来る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
それから早速んで、だんだん先方身元べてると、生憎一人息子で、とても養子にはかれない身分なのでした。
わが共同の邸宅に招き一盛大なる晩餐会を催すにつき、食堂、玄関、便所の嫌いなく満堂国花をもって埋むべし、という、例によって例のごとき、端倪すべからざるタヌが咄嗟の思い立ち。