“こたつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
炬燵87.2%
火燵9.8%
巨燵1.7%
小辰0.9%
胡燵0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が十一か二の年の冬の夜だつたと覚えてゐる。お父さんは役所の宿直番で、私はお母さんと二人炬燵にさしむかひにあたつてゐた。
お母さんの思ひ出 (新字旧仮名) / 土田耕平(著)
この辺は固より寒い処なのでその火燵は三尺四方の大きさである。しかし寝る時は火燵に寝ないで別に設けてある寝室に行て寝る。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
五「それは余りお固いお洒落でげすな、が洒落ましょう、斯ういうのは何うでございます、大黒様が巨燵ってるのでございます、大黒かいと」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
番目には露國文豪トルストイ傑作千古」とふのと、バンカラ喜劇小辰大一座ふのが、赤地いてあつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
お房が父の背中に頭をつけて、心地さそうに寝入った頃、下婢は勝手口から上って来た。子供の臥床が胡燵の側に敷かれた。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)