“かりょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
嘉陵27.3%
下僚18.2%
加亮9.1%
佳良9.1%
家領9.1%
火龍9.1%
花菱9.1%
訶陵9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また郭盛も、西川嘉陵生れの水銀売りだが、ともにこれも方天戟の使い手であり、呂方と張りあって、一つ対影山に二を構え、賊同士勢力争いをしていたのである。ところが
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と若い下僚は人前があるので上役の雄弁に辟易している。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「さては、貴殿が呉学究加亮先生でございましたか。さても、広いようで世間はせまい。しかし、さすが晁家のお知り合いは違ったもんですな」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雷横と劉唐も、思わず太刀を収めて、その人を見た。これなん、この片田舎には過ぎた童塾(寺小屋)の先生、智多星呉用で、道号加亮、あざ名が学究。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ナリン殿下容態御佳良ナラズ。最善ノ施設ヲテ船上御手当中ニ本日午後七時二十七分、西経百三十三度四分北緯三十二度六分桑港タル海上八百三ノ洋上ニ於テ薨去遊バサル。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
源次郎とやらが乞食の児であったかないか、その真実はともかくとして、こんなことが老中にでも知れたら、古河の家領はどっちみち無事じゃアすみません。こいつはどうも、驚いた
顎十郎捕物帳:10 野伏大名 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ところが、あいにくな旱天つづき。大夏の太陽は火龍というもおろかである。満天すべて熱玻璃のごとく、今日も一片の雲さえ見あたらない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
○三月、川村花菱主宰にて有楽座に土曜劇場第一回試演を催す。俳優は藤沢浅二郎経営の俳優学校卒業生なり。
明治演劇年表 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
頡利は盟に背いてにせられ、普賛は鵞を鑄って誓を入れ、新羅は繊錦の頌を奏し、天竺は能言の鳥を致し、沈斯は捕鼠の蛇を献じ、払林は曳馬の狗を進め、白鸚鵡は訶陵より来り
岷山の隠士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)