“おえつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
嗚咽98.1%
鳴咽1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
し泣きに嗚咽するお珠の顔を、いような力でいきなり抱きしめると、安太郎は、彼女の唇に情熱のるままに甘い窒息を与えた。
(新字新仮名) / 吉川英治(著)
拭いても拭いても溢れ出てくる泪、ともすればをふさぎそうな嗚咽、それを姑にさとられずに読もうとするだけで精いっぱいだった。
日本婦道記:不断草 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
海波鳴咽浮標、なかにばめる
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
鳴咽する柿丘の声と、らがましい愛撫の言葉をもってめはじめた雪子夫人の艶語とを、あとに残して、僕はその場をソッと滑るように逃げだすと、跣足で往来へ飛びだしたのだった。
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)