“艶語”の読み方と例文
読み方割合
えんご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人目もはばからずに喃々喋々と、はなはだよろしくない艶語にうつつをぬかしている姿が目にはいりましたので、認めるや同時です。
鳴咽する柿丘の声と、らがましい愛撫の言葉をもってめはじめた雪子夫人の艶語とを、あとに残して、僕はその場をソッと滑るように逃げだすと、跣足で往来へ飛びだしたのだった。
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
浅草艶語
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)