“えくぼ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
51.8%
笑靨34.2%
笑窪11.4%
笑凹1.8%
靨笑0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それにかかわらず安陵竜陽みな凶終するよう論ずるは、性慾顛倒の不男や、を売って活計する色子野郎ばかりに眼をした僻論じゃ。
ニコと、小次郎は笑靨をこしらえてそれを眺めた。ずんと上背丈があるので、笑靨までが高慢に人を見下げて見えるのだった。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其夜の夢に逢瀬平常より嬉しく、胸ありケの口説に、恋ざりし珠運を煩悩深水へ導きし笑窪憎しと云えば、可愛がられて喜ぶは浅し
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
こころもち薄い腮の中央に、北欧人種式のみがありますから……「頬の笑凹がルビーなら腮の笑凹はダイヤモンド」
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
白い顔に薄く白粉をして、両頬に少し縦に長い靨笑を刻みながら、眩しいような長い睫毛をして
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)