“青森”の読み方と例文
読み方割合
あおもり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青森の一地方の方言では頭が「がっぺ」である。ラテンの caput はとほぼ同音である。独語の Kopf, Haupt も同類と考えられる。
言葉の不思議 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
青森あたりだとききました、越中から出る薬売りが、蓴菜ぱい浮いて、まっ水銹の深い湖のほとりで午寐をしていると、急に水の中へ沈んでゆくような心地がしだしたので
糸繰沼 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
前夜の夕刊に青森大鰐の婚礼の奇風を紹介した写真があって、それに紋付き羽織の男装をした婦人が酒樽に付き添って嫁入り行列の先頭に立っている珍妙な姿が写っている。
三斜晶系 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)