“雛鶏:ひよっこ” の例文
“雛鶏:ひよっこ”を含む作品の著者(上位)作品数
ヴィクトル・ユゴー2
ギ・ド・モーパッサン1
ジュール・ルナール1
佐左木俊郎1
“雛鶏:ひよっこ”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 評論 エッセイ 随筆14.3%
文学 > フランス文学 > 小説 物語5.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
きつねが出る時分だ、雛鶏ひよっこの出る幕じゃねえ。」とモンパルナスは言った。
「かわいそうに。きれいなじいさんなのに。雛鶏ひよっこのようにまっ白だが。」
「どうでがすね? 今年の雛鶏ひよっこ成績しいしきは?……」
黒い地帯 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
雛鶏ひよっこはね、役目重大な駅長のような帽子。
博物誌 (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
牛のすぐ後ろへ続いて、妻が大きな手籠てかごをさげて牛のしりを葉のついたままのなまの木枝で鞭打しばきながらく、手籠の内から雛鶏ひよっこの頭か、さなくば家鴨あひるの頭がのぞいている。
糸くず (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)