“陣地”の読み方と例文
読み方割合
じんち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ここは鐘巻陣地もどうよう、鉄砲紋りまわしたこのなかへ、むだんで一歩たりとみこんで見よ、渡来短銃をもって応対申すぞ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おそらく、あの補充兵であろうとうと、老兵士をして○○攻撃に、自分た一光景させるのでした。険阻陣地突撃暫時前のことです。
少女と老兵士 (新字新仮名) / 小川未明(著)
米軍の攻撃力を支えるにはも一度根本的な陣地改築が必要であることが判って来た。
日の果て (新字新仮名) / 梅崎春生(著)